洗顔をする

未分類

保湿ケアをするためには洗顔を正しく行うことが大切です。正しい洗顔の方法を心がけるようにしましょう。

洗顔まず洗顔料はしっかりと使いましょう。泡立てることが大切です。そうすることによって、洗顔をする際に手と肌の間に泡があるためにクッションとしての役割を果たすようになります。これによって肌に対する刺激を与えないようにすることができるのです。洗顔の際にはできるだけ指が肌に触れてしまわないようにしましょう。それでも汚れを落とすことはできるのです。

また、洗顔の際にはお湯の温度に気をつけましょう。あまり熱すぎるお湯を使ってしまうと皮脂を取り除きすぎてしまうのです。少しぬるいと感じる程度の温度にしておいた方が良いです。その方が肌への刺激を抑えることができます。また、洗顔料が顔に残ってしまわないようにして、何度もすすぐことが大切です。

洗顔の後はタオルでごしごしと拭かないように注意してください。タオルを当てるようにして、それに水分を吸い取らせるようにしましょう。ゴシゴシとこすってしまうとそれによって肌にダメージがどんどん蓄積してしまうのです。

また、一日に何度も洗顔をするべきではないでしょう。洗顔をするだけでも肌にダメージを与えてしまうからです。


Pocket